SDGs目標達成へ向けた取り組みSoBiCを活用した包括的な改善案の提起

国連提唱の持続可能社会達成への鍵は農業にあります!

SDGsで提唱する持続可能社会達成の為の課題解決目標において、そのすべての項目は農業及び農産業界の在り方と非常に深く密接に結び付いていると言えます。
なぜなら、農業は食糧生産、健康、環境保全など、地球上におけるあらゆる人間社会の将来を考える上で、最も重要な役割を果たすからです。しかしこれを判っていたとしても農産業モデルを変革することは非常に難しく、何にしても最大の課題でした。
しかし、それらの問題を解決し得る解決策があります。それはSoBiCです。SoBiCは水を節約し、農薬や肥料に依存する事無く、最も効率的に栽培生産を可能にします。これらの事は、農産業モデルの改革に最も寄与する事であって、様々な問題解決においても最も現実的な解決策にもなります。
A.貧困の撲滅(SDG 1)
貧困層のほとんどは、農村部に住んでいます。彼らの主な経済活動は農業ですが、商業目的でもなく、彼ら自身が消費するのに十分な食糧を生産する事すらままなりません。これの背景としては、農業技術発達の遅れや慣行的な土地政策による土地の断片化と劣化、更には水不足によって生じています。
SoBiCは、これらの問題をすべて解決するよう設計されています。SoBiCでは、巨大な土地は必要なく、大量の水を使用することもなく、また農業知識も必要としません。これは非常に精密で稼働する反面、石油などの人工エネルギーを必要とせずその制御も管理も必要としません。
したがって、生産にほとんどコストがかからず、生産に関わる様々なコスト削減が出来る事で利益の確保ができるようになります。
 これにより、根本的な貧困に陥る形態を緩和できます。
B.飢餓の軽減と食糧安全保障(SDG 2)
飢餓をなくし、食糧安全保障を達成し、栄養素を増産させることは、持続可能な農業分野の改革と革新的な生産システムの普及推進と成功にかかっています。
国連は、世界人口が2050年には97億人以上に増加し、2100年には112億人を超えると予測しています。この人口の数を支えるには、食糧生産の大幅な改善がない限り、飢餓は蔓延し拡大する一方になります。
しかし、SoBiCを利用する事で、それに対して十分な食糧生産を可能にします。SoBiCは従来にはない極めて画期的なシステムで、最小限の水と太陽光だけで理想的な栽培環境を自動的に創り出す事を可能にするからです。 

これによって以下の事が実現できます。
  • 小規模な農家でも採算性の合う生産スタイルを可能にします
  • 化学肥料や農薬に依存せずに安全な作物生産の効率性を飛躍的向上します
  • 子供達の生育不全や栄養失調を劇的に改善できます
飢餓をなくし、食糧安全保障を達成し、栄養素を増産させることは、持続可能な農業分野の改革と革新的な生産システムの普及推進と成功にかかっています。
国連は、世界人口が2050年には97億人以上に増加し、2100年には112億人を超えると予測しています。この人口の数を支えるには、食糧生産の大幅な改善がない限り、飢餓は蔓延し拡大する一方になります。
しかし、SoBiCを利用する事で、それに対して十分な食糧生産を可能にします。SoBiCは従来にはない極めて画期的なシステムで、最小限の水と太陽光だけで理想的な栽培環境を自動的に創り出す事を可能にするからです。 

これによって以下の事が実現できます。
  • 小規模な農家でも採算性の合う生産スタイルを可能にします
  • 化学肥料や農薬に依存せずに安全な作物生産の効率性を飛躍的向上します
  • 子供達の生育不全や栄養失調を劇的に改善できます
C.良好な健康と福祉(SDG 3)
C.良好な健康と福祉(SDG 3)
有機的な食品の生産及び摂取は基礎的な健康維持の基本になります。
母体や乳児の適切な微量栄養素の摂取が長期的な発育に影響します。世界のいくつかの地域、特にサハラ以南のアフリカと東アジアでは、妊婦や授乳中の母親、乳幼児に必要な栄養成分を含んだ食糧の入手方法が限定的か、もしくはありません。この状態では無論の事、免疫が低下し、結果として不健康なり、あらゆる種類の病気になりやすくなります。
SoBiCを使用することで、このような状況で暮らす人々が、簡単に自分達のために健康的な食糧を作ることが可能になれば、皆にとって健康と幸せを得るための重要な一歩となります。
D.質の高い教育の育成(SDG 4)
質の高い教育の実現には、学びの場に対する投資が必要です。世界中では、約5700万人の児童が小学校にも通っていません。経済成長は人的資本に依存する為、学業成績不振は経済成長を遅らせます。また、飢餓と教育とは直接関係があります。
慢性的な飢餓は、その学生の努力や向学心に関わらず、その道を閉ざしてしまいます。悲しい現実はとして、「飢え」が物理的および心理的に若者を勉学から遠ざけています。食べ物は、普通の日常を過ごすために必要な燃料です。食物中のカロリーは、日々の日常的な活動を行うためのエネルギーを与えてくれます。十分な量のエネルギーがなければ、生徒は学校で眠ってしまったり、丸一日ある授業に集中することができなくなるでしょう。
脳は、肺、心臓、腕、脚のように、人体の一部です。それは適切に機能するためにエネルギーを必要とします。飢えを経験している子供たちは、記憶や集中力の機能を実行するエネルギーを持っていないため、それらの機能に問題がある可能性が高くなります。栄養失調は、睡眠パターンにも影響を及ぼすので、学校で学ぶことが、子どもたちを疲れさせすぎてしまいます。
したがって、質の高い教育を促進するためには、食糧の安定的な供給と一人あたりの収入を改善する必要があります。
これを行うには、特に発展途上国では、安定した確実な経済活動が可能でなければなりません。農業の改革と発展は、多くの貧困層をなくす唯一の経済活動であり、自給率と経済力を高めるために改善すべき最大の課題です。
SoBiCは革命的な農業生産システムであり、これを実現させます。SoBiCは金銭的な面と人間の体力的な面で、信じられないほどの小さなコストで生産を向上させます。
E.ジェンダー平等の推進(SDG 5)
女性の農業従事者の生産量は、育児や妻としての女性の責任と、体力という不利な点を主な理由として、男性の農業従事者より20-30%少なくなっています。
しかし女性は世界中で食糧の半分以上を生産しているので、このギャップを埋めることで飢餓を17%も減らすことができます。
肉体的エネルギーを必要とせず、多くの時間を費やす必要のない農業システムでは、女性は男性と同等もしくはそれ以上の食糧を生産することができます。
SoBiCはまさにこの種のシステムです。栽培生産に体力を必要せず面倒な世話も不要で自動的に栽培をしてくれます。女性の生産能力が人男性の生産能力と同じになると同時に、女性が家庭を守る事以外にも選択肢を持てる事につながります。
F.水と衛生(SDG 6)
F.水と衛生(SDG 6)
ここで最も重要なのは取水に関する実態の把握と持続的な利用を可能にする為の認識が必要です。
毎日使用される淡水の約70%が農業用に使用されています。農業分野はこの貴重な天然資源を最も消費していることになります。
淡水が枯渇すると、食糧が不足し、あらゆる種類の紛争が広がります。そのような事態は、いかなる犠牲を払ってでも防がなければなりません。
SoBiCは簡単にこの役目を果たします。SoBiCを使用する場合、農家は作物の栽培に使用されていた水を最大90%節約することができ、最も効率的に水の節約に貢献します。
G.クリーンなエネルギー(SDG7)
SoBiCシステムは人工エネルギーを一切使用していません。太陽の日射による気圧変化で稼働します。空気の熱膨張の力を利用して、精密且つ効率的に機能します。
このシステムを最大産業である農業分野で大規模に導入できれば目標の達成に向けた大きな飛躍となるでしょう。またこのシステム導入に関してはコストがかからず生産性の高い独自のクリーンエネルギーを生み出す事ができるので、富裕層と貧困層に関係なく利用が可能になります。
H.ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)と経済成長 (SDG8)
SoBiCによって、世界は農産業において真の革命を期待することができます。劇的なコスト削減と高い効率性で、より多くの食糧が生産されるでしょう。農産業界は再び人をひきつける産業になり、多くの雇用を創出するでしょう。
食糧生産の増加は、加工業や梱包業などの他の分野での業務の増加を意味します。これは、より多くの雇用創出と高い経済成長を意味します。
I.産業革新と社会インフラ(SDG9)
SoBiCによる農業分野の変革は、必ず発展の連鎖のきっかけとなるでしょう。農村部が繁栄すると、農産物を起点にさまざまな流通も活性化し、それに関わる様々な業態や道路や通信インフラも整備されてきます。それによってまた更に多くの産業が出現します。このような豊かさの連鎖によって、社会福祉や娯楽施設の充実も期待できます。
J.不平等の是正(SDG10)
今日、世界中の人々や国々の間には大きな経済的不平等があります。ほとんどの開発途上国に輸入に偏重しており、先進国には輸出に偏重した経済になっています。途上国のほとんどは農作物生産によって外資を得ていますが、それが近年の気象変動によって不作が続きそれさえも出来なくなりつつあります。特にサハラ以南のアフリカ諸国は、最悪の経済の底成長率の記録を更新し続けています。
SoBiCは、農産生産において、様々な課題を克服し、再び活性化させる基盤を提供出来ます。これが普及する事によって、輸入と輸出バランスを改善し、先進国との格差を縮小する事も期待出来ます。
K.持続可能な都市とコミュニティ(SDG11)
都市や地域社会を維持するには十分な食糧供給がされていなければ成り立ちません。犯罪やインフレを避けるために、経済成長も同時に必要で、食糧供給もそれに応じて増加が求められます。都市化によって大気中の余剰な二酸化炭素の排出が増えますが、これを防ぎ、街を美しくするためには都市の緑化が必要です。
SoBiCは、食糧生産を大幅に増やすことによって、地域社会や健全化にも役に立ちます。 SoBiCは持ち運びや移動も簡単で、舗装された土地にも置くこともできるので、都市の緑化を成功させ広げる事にも、無理がなく、最も効率的且つ抜本的な解決策になります。
L.責任ある消費と生産(SDG12)
継続的な技術の進歩には大きなコストがかかっています。地球の資源は過度に使われており、世界は危険な状況に陥っています。これにより、多くの組織や個人が責任ある消費と生産を呼びかけています。
持続可能な発展を成し遂げるためには、今ある資源を適切に使用する必要があります。
SoBiCは、天然資源消費の責任意識を高めるには非常に良い解決策となります。SoBiCは多くの水を節約し、人工的なエネルギーも使用しないため、この持続可能な目標を達成するには最善の策となります。
M.気象変動(SDG13)
地球温暖化による気候変動は、社会のほぼすべての領域に影響を与えてきました。地球温暖化やオゾン層の減少を緩和するために、すべての人間の行動が求められています。環境に負担をかけることのない新しいイノベーションと技術を創り出すことは、革新者の手に委ねられています。
SoBiCはまさにそのようなイノベーションです。節水をしながら太陽熱による空気変化による自然動力で多くの食糧を生産する能力は、環境保護に最大限に寄与できる最高のイノベーションとなります。
N.水の中の生態系(SDG14)
土地や大気における人間の行動は、川や海で暮らす生物に大きな影響を与えます。これは、産業による汚染や廃棄、河床に近すぎる農業や、あまりにも多くの化学物質や肥料を使用し、それが河川に戻ってしまうなどの悪しき農業慣行によるものです。
SoBiCは、この問題を非常に単純で的確な方法で解決します。作物の栽培に沢山の肥料を必要としないのと漏れ出る危険がありませんので、肥料や化学物質の使用による水質汚染の問題は緩和されます。
また、これまでの農業の伝統的な農地の耕運作業も要らなくなるので、農業用具、工具やトラクターなどの機械類への依存も軽減し、農地のローテーションも不要になり、雨が降ったときに土壌侵食を和らげる事も出来ます。
O.地上の生態系(SDG15)
地球上の生活を向上させるためには、砂漠化を防ぎ、生物多様性を阻害する事なく土地の劣化を防がなければなりません。
砂漠地帯でも農業をできるようにする事は土地再生を可能にするための第一歩です。また、土壌改良など土地を乱す事なく農業を行えれば、土地劣化を止める一歩になります。しかし、この2つは現在の農業システムでは達成できません。なぜなら、現在のシステムでは、水をたくさん使い、地面を直接耕作することに依存しているからです。
一方、SoBiCは従来の方法とは完全に正反対のものです。SoBiCが必要とする水の量はごくわずかで、土地耕作は必要ありません。つまり、この目標を達成するための大きな飛躍です。
P.平和的な正義と強力な制度(SDG 16)
重要な天然資源である水と牧畜地や耕作可能な土地など巡っては世界中の多くの地域や国で紛争の主要な原因となっています。実際、「平和と正義」という言葉、はサハラ以南のアフリカでは外来語になっています。これらによる紛争を避けるためには、新しい経済活動生み出す事が必要で、水利用を最小限に抑えられて、誰でも簡単に利用できる新しい農法が必要になります。これを達成する事は非常に困難でしたが、SoBiCでは可能です。
Q.目標のためのパートナーシップ(SDG17)
SoBiCは、これまで世界的に定義されてきた農業のやり方を再定義します。これはまさしく革命とも呼べるもので、新たな価値観の再定義になります。この変化の中で、持続可能な開発のためのグローバルなパートナーシップの実現と活性化の手段を強化するための基盤構築ができます。
すべての持続可能な開発目標の達成できるとしたら農産業界でのこの変革が達成される事以外にはありません。SoBiCはこれを達成する手段を提供し、すべての産業が一体となり、すべての目標を達成するための基礎を築きます。